• 医療法人清仁会
  • 水無瀬病院
  • 介護サービス

採用情報

サイトマップ

文字サイズ
標準
大

電話 075-962-5151お問合せ

昭和54年に島本町唯一の病院として開業、現在では病院事業を中心に施設・在宅サービスを展開しています。これからも地域の皆さまと共に歩んでいきます。

医療法人 清仁会は、「安心」の二文字をモットーに、地域社会の発展と皆さまの健康を守るために、より良い医療・福祉サービスを提供いたします。

  • 医療法人清仁会
  • 水無瀬病院
  • 介護サービス
  • 医療法人清仁会
  1. 医療法人清仁会>

お知らせ

2019年9月17日(火) New!

清仁会

出張講座にお伺いしてきました!!

9月14日(土)五領の公民館にて福祉委員の皆さんに「脳年齢若くする秘訣あります」と題して、認知症予防の講義を在宅部の中島より、また頭と身体を動かすスリーA体操を上牧デイサービス安村よりさせていただきました。

皆様もぜひ、地域にお住いの方と出張講座をご依頼ください。お待ちしています。

2019年9月17日(火) New!

水無瀬病院

【当院職員のリハビリ学会発表】

発表者:リハビリテーション部 岡田真也(作業療法士)
発表月:2019年2月
学会名:第33回 回復期リハビリテーション病棟協会研究大会
タイトル:「当院回復期病棟における回復期専従の取り組み~生活リハビリ特化型システムの導入【オンデマンド】からみえたもの~」

発表者:リハビリテーション部 岡野雄二(言語聴覚士)
発表月:2019年6月
学会名:第20回言語聴覚士学
タイトル:「地域連携システムの構築で食べることを維持できた1例」

発表者:リハビリテーション部 岡野雄二(言語聴覚士)
発表月:2018年9月
学会名:第24回日本摂食嚥下リハビリテーション学会
タイトル:「モンブランケーキを食べたい!目標を実現するための訪問STの取り組み」

発表者:リハビリテーション部 岡野雄二(言語聴覚士) 共同演者:リハビリテーション部医師 梶本佐知子
発表月:2019年9月
学会名:第25回日本摂食嚥下リハビリテーション学会
タイトル:「気管カニューレサクション管から酸素を送気しながらの嚥下訓練について」

発表者:リハビリテーション部 北村香織(作業療法士)
発表月:2019年9月
学会名:第53回 日本作業療法学会
タイトル:「上肢MMT1の男性が2種類のBFO使用をきっかけに「また右手で食べたい」という希望を叶えた事例」


詳細情報は水無瀬病院ホームページ内、『論文・学術発表』の覧に掲載させて頂いております。
2019年9月10日(火) New!

清仁会

今年も皆さんのおかげで大盛況となりました~

9月6日 7日の2日間で清流祭(作品展)を島本町ふれあいセンターにて行いました。
早いもので今年で8回目となりましたが、年々ボランティアさんの出し物や展示いただいた作品のレベルの高さに驚くばかりです。一番目立つところに展示した水無瀬病院グループ(介護)利用者合同大作「鳥獣戯画」がひときわ目を引いていました。

また同時開催で健康フェアを別室でおこない、いつもの骨密度や血管年齢などに加え、体制分分析装置「インボディ」を使用して体の成分である体水分量や筋肉量などを水無瀬病院から持ち込んで皆さんに測定していただきました。

お茶席も設けてボランティアさんにより、抹茶を振舞っていただくサービスでホッと一息できた作品展になりました。ご来場いただいた皆さま、開催に際しご協力いただいた皆さま、ありがとうございました。

2019年9月3日(火)

清仁会

暑さが落ち着いたと思ったのですが、9月、週明けからまだ夏日となりました。

出前講座の報告です。本日、淀の原の年長者クラブの皆さんのもとにお伺いしてきました。訪問看護(有働)から看取りについて、また若山荘リハビリ(中山)転倒しないための体操を実際に身体を動かしながら行っていただきました。

皆さんのはつらつとされており、運動を指導するスタッフも一段と力が入る、そんな楽しい時間となりました。

2019年9月3日(火)

清仁会

「勉強会開催」
在宅生活を考える会イベントの一環として勉強会を開催しました。

今回は「正しい靴の選び方」と称して若山荘リハビリ理学療法士(冷水)による講演をさせていただきました。私たちが毎日履いている靴ですが、デザインや見た目で選んでしまっていることも多く、正しいサイズ感や用途に合わせたチョイスの方法をわかりやすく、笑いを交えて学ぶことができました。

2019年9月3日(火)

水無瀬病院

【当院リハビリ病棟専従医師・梶本先生のリハビリ学会発表】

発表者:医師 梶本佐知子
学会名:2018年11月 第2回日本リハビリテーション医学会秋季学術集会
タイトル:「大腿骨近位部骨折を発症した大脳皮質基底核変性症に対して回復期リハビリテーション病棟で入院加療を行った1例」

発表者:医師 梶本佐知子
学会名:2019年2月 第33回回復期リハビリテーション病棟協会研究大会
タイトル:「リハビリテーション科医師が在籍することで実現した、多職種によるチーム作りについて」

詳細情報は水無瀬病院ホームページ内、『論文・学術発表』の覧に掲載させて頂いております。
2019年8月31日(土)

若山荘

 若山荘療養棟では、毎月テーマを決めて、2・3階のフロアの廊下に利用者様とともに色画用紙や折り紙などを使って、壁画を作成しております。
8月のテーマは「花火」。花火は利用者様に作っていただきました。折り紙を切ったり張ったりと、個性豊かな花火が打ちあがりました。毎回素晴らしい作品が出来上がるのですが、今回は雑誌へ投稿してみようかと思います。

2019年8月27日(火)

上牧ケアセンター

〈9月のレクリエーション予定表〉

上牧デイサービスセンターの9月度のレクリエーションの予定を公開しました

詳しくはこちら PDF

2019年8月27日(火)

上牧ケアセンター

〈9月献立〉
夏の高校野球も終わり、セミの鳴き声も静かになって来ましたが、残暑の厳しい日がまだまだ続きます。皆さま、いかがお過ごしでしょうか?9月の献立表をご紹介させて頂きます。
気温の変化が激しいので、栄養を考慮したメニューをご準備しております。
見学食もございますので、一度ご賞味下さい。

詳しくはこちら PDF

2019年8月27日(火)

上牧ケアセンター

〈9月行事のお知らせ〉
毎日暑い日が続きますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?9月の行事の紹介です。

9月は「敬老会」の予定です。午前中は職員による催し物、午後からはボランティア様によるバンド演奏を予定しています。皆さまふるってご参加下さい。

詳しくはこちら PDF

2019年8月24日(土)

若山荘

2019年8月24日(土)昨年に引き続き、今年も若山荘夏祭り「若山祭」を開催させていただきました。今年で3年目!日頃お世話になっておりますボランティアの方々、地域住民の方々をお招きしての開催とさせていただきました。

3年目と言えど、まだまだ至らぬ点も多く、気も配れない中で失礼があったかと思いますが、、皆様の笑顔に触れることができ、心より感謝しております。
日頃お世話になっている方々への感謝の気持ちを忘れず、又、地域の皆様に若山荘を知って頂きたいという想いを強く持ち、今後も皆様と触れ合えるイベントを開催していきたいと思います。

「島本町 銭太鼓 つばさ会」の皆さま、ご協力ありがとうございました。利用者様にもとても喜んでいただくことができました。

誠にありがとうございました。

2019年8月23日(金)

上牧ケアセンター

夏祭り、開催しました!!

暑い夏を元気に乗りきってもらおうと、上牧デイサービスで夏祭りを8/22に開催しました。ボランティアの皆さんによる「和太鼓」、「盆踊り」グループ内のスタッフにも協力してもらい、金魚すくい、お菓子つかみ、的当てゲームと童心に帰ってみなさんに楽しんでいただきました。お祭りに参加いただいたボランティアの皆さん、立ち寄ってただいた近隣の方々もありがとうござました。24日の土曜日は若山荘の夏祭りが午後から開催されます。ぜひ近隣の皆さんもご参加ください。

2019年8月22日(木)

清仁会

毎日暑い日が続いていますが、皆さん体調はいかがでしょうか?

8月21日、大同年長者クラブさんへ出前講座をお届けにいってきました。
お邪魔するのは2度目となりますが今回は「施設の種類と選び方」について上牧ケアプランセンターの渡邊よりお話をさせていただきました。いざという時に、誰に何を相談したらいのかわからない??ご不安に思ってられることのお答えさせていただきますので皆さんもぜひ、ご用命ください。

2019年8月6日(火)

清仁会

【島本夏祭りに参加しました】

8/3(土)今年も引き続き、島本町夏祭りに清仁会もボランティア参加させて頂きました。ガラガラくじ、綿菓子、と2ブース担当させて頂きました。
特に綿菓子は最終時間帯までも長蛇の列ができるほど好評でした。
とにかく当日は暑くて熱中症が心配でしたが、無事に終ることが出来ほっとしております。また今後も地域に参加できればと思っております。

2019年8月1日(木)

水無瀬病院

【当院リハビリ職員のリハビリ学会発表おこないました】

先日、当院リハビリ職員(理学療法士)下記2名におきまして、リハビリ学会発表をおこなってましりました。

発表者:横森正喜(理学療法士)
学会名:第31回大阪府理学療法学術大会
タイトル:腰部多裂筋の筋機能の違いは、下肢リーチ動作中の骨盤の運動に影響を及ぼすのか?

発表者:藤原将司(理学療法士)
学会名:第31回大阪府理学療法学術大会
タイトル:三果骨折後の歩行時痛に対し超音波画像診断装置を用いた介入が有効であったー症例

詳細情報は水無瀬病院ホームページ内、『論文・学術発表』の覧に掲載しております。

▲ページの先頭に戻る