• 医療法人清仁会
  • 水無瀬病院
  • 介護サービス

交通案内・地図

サイトマップ

文字サイズ
標準
大

電話 075-962-5151お問合せ

リハビリテーション

  1. 医療法人清仁会>
  2. 水無瀬病院>
  3. リハビリテーション>
  4. 回復期リハビリ医師インタビュー

インタビュー

リハビリテーション科「梶本 医師」「倉橋部長 」インタビュー

当院では医師をはじめ、様々な職種が連携し、チーム医療を実施しています。
今回はリハビリテーション科に医師が入職し、新たなスタートとなりました。
リハビリの中心となる、お二人にお話しを聞いてみました。

「緑豊かな島本町唯一の病院にこられて」

この9月から水無瀬病院に来られました率直な感想はいかがですか?

梶本

今まで高槻を中心にリハビリに関わってきました。今回、島本町は初めてですが、緑豊かで自然も多く、落ち着いた雰囲気ですね。たしかに高槻に比べると規模も小さいですが、その分、患者さんにより近い距離で関われると感じています。リハビリに対しての期待も大きいと思うので、のんびりもしていられないかなぁ~(笑)というのが正直なところです。

「可能な限り元の生活に」

一般の方が思い描く、今の病院でのリハビリのイメージとはどんな感じなのでしょうか??

梶本

リハビリとマッサージを一緒のものだと思っておられる方も多いと思いますが、実際のところリハビリとは、訓練や痛みの軽減のみではなく、可能な限りもとの生活をとりもどすことを目指しています。
決して私一人が関わるのではなく、各専門職(リハビリスタッフ、看護師、ソーシャルワーカー)と一緒にチーム医療の中でのリハビリをおこなっていけると思います。

「患者さんにとってのベストなゴールへ」



梶本

病院でのリハビリは他職種との連携・チーム医療です。各々(医師・看護・介護・ソーシャルワーカー等)思っている事ですが、各々がベストな状況を当然考えます、しかしその中で色々な問題(医療的・社会背景的など)でお互いの着地点が見いだせなかった時に、みんなで話し合い、ベストじゃないかもしれないけれど、考え方を寄り添い、ベターを目指す事によって、結果、患者様にとって結果ベストな状況になってご自宅へ帰って頂ける事かなぁ~と思います。

梶本

梶本先生の言われるように必ずしもベストというものを目指せない場合がありますが、患者さんにとって自宅へ帰れる喜びを味わってもらえるように一緒になってゴールへ向かいたいですね。

「リハビリテーションのまとめ役として」

最後になりますが、地域の皆さんへメッセージをお願いします。

梶本

リハビリ専従医師というのは先程お話ししたように患者様に一番身近な存在であり、リハビリ相談や個々の面談など顔の見える環境、また他職種連携のまとめ役であるべきものと考えております。その中で患者様に安心・安全なリハビリ医療を提供できればと考えております。

倉橋

今までチーム医療と言われてやってきましたが、主治医は当然おりますが、やはり最後のリハビリのまとめ役というのが不在でした。今回梶本先生に来て頂いてよりまとまりができ、良いリハビリが提供できると思います。また、水無瀬病院にはST(言語聴覚士)がいますので、「食べる事をあきらめずに、食べれるんだ」という所をめざして頑張っていきたいですね。

連携室

そうですね、やはり患者様やご家族様にとっての安心、リハビリの先生がずっとついて経過をみてもらえているという安心感もこれからは提供でき、そしてこの島本町の唯一の病院としての皆さまのお力に少しでもなれればと思います。本日はありがとうございました。

▲ページの先頭に戻る