• 医療法人清仁会
  • 水無瀬病院
  • 介護サービス

採用情報

サイトマップ

文字サイズ
標準
大

電話 075-962-5151お問合せ

リハビリテーション

  1. 医療法人清仁会>
  2. 水無瀬病院>
  3. リハビリテーション>
  4. 理学療法科

理学療法とは

Physical Therapist(フィジカル・セラピスト)略称:「PT」

日本理学療法士協会は理学療法を「身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう」と定義しています。

理学療法の目的

理学療法の目的は運動機能の回復にありますが、日常生活活動(ADL)の改善を図り、最終的にはQOL(生活の質)の向上をめざします。病気、けが、高齢など何らかの原因で寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作が不自由になると、ひとりでトイレに行けなくなる、着替えができなくなる、食事が摂れなくなる、外出ができなくなるなどの不便が生じます。誰しもこれらの動作をひとの手を借りず、行いたいと思うことは自然なことであり、日常生活活動の改善はQOL向上の大切な要素になります。理学療法では病気、障害があっても住み慣れた街で、自分らしく暮らしたいという一人ひとりの思いを大切にします。

当院での理学療法の特徴

当院では、療法科勉強会(中枢、整形に関して月に一度開催)、症例検討、ブレイスカンファ(装具作成の際、適正を検討する)や、特別研修会(年に数回外部から講師をお招きしての研修会)、日々、実技の向上に努めています。

また、地域医療のため、いきいき100歳体操に参加し、島本まつりなど地域の行事ごとにも参加しています。

PT室の紹介

  • 機能訓練場面
  • いきいき百歳体操
  • 島本まつり
  • 院内の夏祭り

教育体制

当院では、新入職員に対しての教育方法としまして、OJT(On-the-Job Training)を部内で取り入れています。

理学療法科では、ティーチングスタッフがリーダーとなり、治療はもちろん業務指導等、行なっています。一人ひとりの状況や能力に応じた個別指導を行い、実践力を身につけていけるようサポートしています。

▲ページの先頭に戻る